Event is FINISHED

オンライン講演会「続・精神病院の不条理」

Description
【接続先のリンクが届かない方へ】

このたびは本イベントにお申込みいただき、ありがとうございます。


昨日と今日、お申込み時のメールアドレスに接続先のリンクをお送りしておりますが、
万が一、届いていない方がいらっしゃいましたら、
・メールが迷惑メールフォルダに入っている
・違うお名前やメールアドレスからお申込みいただいている
・事務局「mattotokyo@gmail.com」からのメールが受信できない設定となっている(受信拒否設定など)

などの可能性がございます。

恐れ入りますが、今一度ご確認いただき、
お困りの場合は、お申込み時のお名前とメールアドレスを添えて、
事務局「mattotokyo@gmail.com」までメールをお送りください。
お申込みの確認が取れ次第、リンクをお送りいたします。
その際は、お申込み完了時にPeatixから送信された確認メールをご転送いただければスムーズです。

お手数をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。


「続・精神病院の不条理」事務局


続・精神病院の不条理
〜「患者移送会社」をめぐる病理〜

■日時 2021年4月18日(日)13:00-17:00

■主催 日本のMattoの町を考える会
■協力 認定NPO法人地域精神保健福祉機構

■司会・コメンテーター
大熊一夫(ジャーナリスト)
伊藤順一郎(メンタルヘルス診療所しっぽふぁーれ院長)

■特別出演
斎藤環さん(筑波大学社会精神保健学教授)        

---------------------
<プログラム>
【第一部:拉致監禁請負い業が繁栄して誰が幸福なのか】
⒈ 驚愕の移送劇に巻き込まれた大学研究者の訴え(音声出演/録音:松井至さん)
⒉ 患者移送会社の素顔…内田明さん(弁護士、医療扶助・人権ネットワーク)
⒊ 隙間産業の存在感が増す不気味…風間直樹さん(東洋経済新報社調査報道部長)

【第二部:家族の苦悩】
⒈ 混迷の淵さまよう私たち…大畠信雄さん(和歌山県精神保健福祉家族会連合会副会長)
⒉ 我が家が移送会社に救いを求めるまで…家族会会員の方より

【第三部:突如、被告席に立たされて「我が闘争」】
1. 斎藤環さん(精神科医、筑波大学社会精神保健学教授)
  ※Webに移送問題を提起し病院から訴えられた
2. 林治さん(弁護士、代々木総合法律事務所)

【第四部:総合討論】
・大熊一夫
・伊藤順一郎
・出演者の皆さま
---------------------

■参加費 2000円

■定員 500名

■お申込み方法
こちらから
https://matto2021apr.peatix.com/
(クレジットカード決済、コンビニ支払い等に対応)

申し込み〆切 2021年4月16日(金)

※当日参加はできません。
 また、お振り込み後のキャンセルにつきましては、ご返金いたしません。ご注意ください。

■参加方法 
パソコン、スマートフォン、タブレットからご参加いただけます。
オンライン開催にはビデオ講演会システムZOOM(ズーム)ウェビナーを使用します。
お申込みいただいた方には、イベント前日までに、配信URLとパスワードをメールでお送りいたします。 
※注:事務局からのメール(mattotokyo@gmail.com)が届くよう、あらかじめ受信設定、迷惑メール設定等を確認しておいてください。
イベント当日は、開始20分前になりましたら、URLをクリックし、パスワードを入力してログインしてください。
講演中、質問がある方は、「Q&A」という機能がありますので、質問を書き込んでください。
質問は、主催者のみが閲覧できる設定といたします。

■録画配信について
参加申込された方には、今回のイベントの様子を録画したものを、開催後2週間程度、視聴できるようにいたします。イベント終了後、メールにてあらためてご案内をお送りいたします。

■問合せ先
日本のMattoの町を考える会:mattotokyo@gmail.com

■注意事項
本講演会の録音・録画は禁止とさせていただきます。



Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#982439 2021-04-18 02:16:06
More updates
Sun Apr 18, 2021
1:00 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
参加費 SOLD OUT ¥2,000
Organizer
日本のMattoの町を考える会
309 Followers

[PR] Recommended information